4Max Proでトラブル…

4MAX Pro

先日お迎えした4Max Pro、ABSを安定出力してくれて音も静かと言う事でお迎え当日から色々と出力していました。

出力設定も詰まってきた所で…そろそろ大きなものを出力してみようかと思ってやってみた所…

ANYCUBIC 4MAX Pro Print failure…

 

キャリブレーションが間違ってたか!?

急いで停止して再度キャリブレーションして出力…直らず😭

原因究明祭りの始まりです…。

怪しいところを一つ一つ潰していくお仕事

3Dプリンターのトラブル解決にメーカーはアテにならない…のが当たり前なので自力で原因を探っていきます。

※サポートしてくれない訳ではないんですが、メールのやりとりなのですごい時間がかかります

※さらに今は建国記念日と言う事で一週間ほどバケーションしてるそうです…

ヘッドとプラットフォームの接触

まずキャリブレーション失敗を疑いました。

が何度やってもダメなので、プラットフォームとの接触ではないのではと思い始めました。

あれだけ大きな音で接触したにしてはプラットフォームに傷が付いていなかったからですね。

なのでヘッドとプラットフォームとの間を開けられるだけ開けた状態で出力してみたところ…同じようにガガガ!となりました。

つまりヘッドとプラットフォームは接触していませんでした。

ヘッドと造形物との接触

次にヘッドが造形物と接触していないかを疑いました。

あまり使い慣れていないABSを使用していたので自信がなかったからですね。

  • ヘッドの温度を高くしてみる
  • プラットフォームの温度を高くしてみる
  • フロー割合を下げてみる

…など、既に出力された造形物とヘッドが接触しないように、あるいは接触しても溶かして進んでくれるようにと期待してGcodeファイルを色々と試してみましたが効果なし…。

さらにPLAで試してみても同様。

これはヘッドと造形物の接触でもなさそうだな…。

更なる深淵へ…

データでも調整ミスでもない…。

となるともう本体を疑わなくてはいけないのですが、普通はここでサポート送り、と言うか買ったばかりなので初期不良で交換ですよね…。

とは言え、そんなものは期待出来ないので自力で原因を探ります。

まず異音の発生場所を探りました、ヘッドユニット付近から出ているようです。

中にはモーターが付いているけど、これはエクストルーダー用だし関係なさそうだよな…。

とか考えつつ、とにかく分解してみます。

ファン、ファン、エクストルーダー、モーター、ヘッド…一つずつ外して出力(というか動作させてるだけ)して確認。

ちなみにユニットの中に入っている基盤にはヘッドの温度センサーが付いていて、こいつが温度を感じてくれないと出力は始まりません。

なので外したヘッドに電気を流す必要があります。

当然240度まで上がります。

怖い(笑)

こんな事ユーザーにさせんなや…と思いつつ一つ一つ原因を潰していきます。

しかし困りました。

ユニットから全てのものを取り出しても見えない何かに引っかかっているのです…。

これはもうシャフトしかないのでは…。

ベルトとユニットを固定しているネジを外し、ユニットを自由にうごかせる状態にしました。

ANYCUBIC 4MAX Pro レールのトラブル(1)
ANYCUBIC 4MAX Pro レールのトラブル(2)

!!

ガリガリ言ってた右側の滑りが悪いです。

きっとここが原因っぽいです!

ここ修理出来る?

さて…原因箇所はわかりましたがココはどう修理するんでしょうか。

とりあえずシャフトとベアリングにグリスを挿してみたが変わらず…。

結果的にはお手上げそうです。

メーカーのバカンスが終わるのを待つしかなさそうです😇

幸い、左端から200mmぐらいまでは問題ないので騙し騙し使っていきますが…正直やっぱり所詮中国製だなあと言うお気持ちw

結局安いってそう言うことよねー。

4MAX Pro、買い増ししようと思ってたけどやっぱり次は国産にしそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました